ブログトップ

ゆういちろう(1年生議員の日々)

y16kawa.exblog.jp

特定失踪者 安達俊之さん

本日、午前9時から白山市(旧鶴来町)にて「安達俊之さん失踪25年目の日 集会」が開催され出席させていただいた
安達俊之さん(当時18歳)は25年前の今日(1981年6月20日)、旧鶴来町内の交差点で車を運転しているところを目撃されたのを最後に行方が分からなくなり、2003年2月に特定失踪者問題調査会より特定失踪者として認定されました
※特定失踪者=(北朝鮮に拉致された疑いが否定できない行方不明者)
同集会には沢山の方が出席され、安達俊之さん失踪を解明できるその日まで心を一つにして頑張ることを宣言し閉会となりました
私も俊之さんの母 道子さんの涙ながらの訴えを聞き、自分に出来ることは何かを真剣に考えさせられた
まだ何が出来るか分かりませんが、俊之さんの失踪究明(救出)に向け出来る限りの努力をしたいと思います


北朝鮮に向けラジオ短波で放送されている母 道子さんから俊之さんへのメッセージです
俊之、元気でいますか?お母さんです。俊之が突然いなくなって25年になります。俊之の思い出は18才で止まっていますが、故郷の鶴来町は全く変わっていません。鮎釣りをしていた手取川も、家も電話番号も昔のままです。お母さんは今一人で暮らしています。お父さんは俊之の事を心配しながら8年前に亡くなりました。妹の哉芽(かなめ) も、お兄ちゃんが生きている事を信じて昨年の5月に急死しました。お母さんは一人ぼっちです。でも、俊之が生きている事を信じて、今まで以上に頑張って貴方を捜す努力をしていきます。始めは家出かと思い乍ら、毎日捜し歩きました。2002年に北朝鮮に拉致された5人の日本人が帰り、もしや俊之もと思い警察に相談しました。今は、調査会の方や地元の議員さんや沢山の人が俊之が帰って来れるように力を貸してくれています。一日も早く元気な姿で帰って来れるように諦めず、いつまでも待っています。それまで体に気をつけて頑張ってね。母 道子


<関連ホームページ>
安達俊之さんを思う会
特定失踪者問題調査会
北朝鮮に拉致された日本人を救出する石川県民の会
救う会全国協議会
[PR]
by y16kawa | 2006-06-20 23:16
<< 社会スポーツ部② 10人組手 >>